がん保険が必要だとされる理由

現在、日本人の死亡原因の第一位はがんです。厚生労働省「平成25年人口動態統計」によれば、「悪性新生物(がん)」で亡くなった人がおよそ3割を占めています。また一生涯のうち、およそ半数の方ががんと診断されており、わたしたちにとって身近な病気になっています。そのため、医療保険と区別して、がんに対して手厚い保障が受けられる「がん保険」のニーズが高まり、注目されています。

実際、がんと闘うには想像している以上に治療費がかかります。再発によって入院が長引いたり、退院後も通院が必要だったりと、精神的な負担の上に金銭的な負担が大きくのしかかります。そこで、医療保険とは違って、一般的ながん保険は入院給付金の支払限度日数に制限がありません。

またがんと確定されたら診断給付金というある程度まとまったお金が初期段階で給付されるのも一般的です。医療保険に加入しているからがん保険は必要ないと考えている人もいらっしゃるかもしれませんが、がん治療の場合は、医療保険だけではカバーしきれないというのが現実でしょう。

医療技術は日々進歩し、検診による早期発見もあって、今ではがんは治る病気でもあります。もしもの時に、安心して治療が受けれるよう、ご自身に必要な保障内容が用意されたがん保険で備えましょう。

PAGETOP