がん保険の通院給付について

がん保険とは、がんと診断されたときに診断給付金(一時金)が受け取れ、がんによる入院・手術に対する給付金や、死亡に対する保険金が受け取れる保険です。一般の医療保険と混同しがちですが、医療保険は入院給付金において、1回の入院につき日数制限があることや、退院の翌日から180日以内に同じ病気で入院すると給付されません。

一方、がん保険は1回の入院の日数制限はありません。これは、 がん治療の特徴である入院の長期化や再発リスクを想定したものと言えるでしょう。

また、最近では医療技術が進歩したことにより、抗がん剤治療や放射線治療を通院で行えるようになってきました。この流れを受け、従来のがん保険に多かった「がんの治療を目的として入院し、その退院後にがん治療で通院をされた場合にだけ給付金が支払われる」ものから、「入院を伴わない場合のがんの通院治療についても通院給付が受けられるがん保険」が少しずつ増えてきています。

もし、通院給付のついたがん保険を検討するのであれば、支払条件が「退院後のがん治療の通院のみ」であるのか、「退院後と入院を伴わないがん治療の通院」であるのか、しっかりとチェックしましょう。また、これまでの実績から、どこまでが対象とされるのかをチェックするのもよいでしょう。

PAGETOP